VIPマップ ~ホムラ/ヒカリ編~

スマブラ

「VIPいきましょう!レックス!!」

こんにちは、カサンドラです。

今回はホムラ/ヒカリでのVIPの目指し方を紹介します。

ホムラ/ヒカリは、ポケモントレーナーのような変身ファイターになっています。
イメージ的にはDX時代のゼルダ/シークの方が近いかも知れません。

パワーのホムラ、スピードのヒカリ…と役割が明確なのが特徴的です。
さらに、ヒカリのスピードやホムラのパワーは全ファイターの中でもトップレベルの性能になっています。

上手く使い分けて、VIPを目指しましょう!

キャラの基本

固有能力:チェンジ

ホムラ/ヒカリの最大の特徴です。

下Bによりチェンジ(変身)を行うことが出来ます。

ホムラとヒカリは性能が大きく異なるので、上手く使い分けて戦いましょう。
(どちらか一方のみを使うという、熱烈なファンもいますが…)

ファイター選択時にYボタンを押すことで、ホムラスタートorヒカリスタートを選ぶことができます。

固有能力:因果律予測(ヒカリ限定)

ヒカリ限定の固有能力として因果律予測(いんがりつよそく)があります。

地上や空中で回避を行う場合、回避の前隙が存在するため、回避が間に合わないことがあります。

しかし、ヒカリの場合は回避の前隙に攻撃が当たったとき、ダメージ軽減+相手をスロー化します。
これにより不利状況を覆すことができるので、狙って使えれば強いですし、単純に通常は回避できていないところをケアしてくれるだけでも強いです。

ベヨネッタも似たような性能をしていますが、ヒカリの場合はスロー効果までついているのでさらに強いです。

VIP到達お手軽度:★★☆ Normal

上で述べたようにホムラのパワー、ヒカリのスピードはそれぞれ全ファイタートップクラスです。
これらを使い分けることができれば、かなり強力なファイターであることは間違いありません。

しかし一方で、ホムラの遅さやヒカリの決定力の乏しさといった弱みも他ファイターより顕著です。
また、復帰力が低いという共通の弱点もあるため変身に関わらずケアが必要です。

地上移動:★★★ とても速い(ヒカリ) / ☆☆☆ とても遅い(ホムラ)

地上移動性能に関しては、ヒカリは全ファイターでもトップクラスの性能を誇ります。

一方でホムラはワーストクラスで、ガノンドロフなどと同じレベルでもっさりしています。

チェンジを行う関係上ヒカリと比べてしまうので、ホムラにチェンジしたときはよりもっさりしたように感じると思います。

空中移動:★★☆ やや速い(ヒカリ) / ★☆☆ 遅い(ホムラ)

ヒカリの空中移動は地上ほどではありません。上下方向に関してはそこそこの速さを誇るので、地上のダッシュから奇襲を仕掛けたり、急降下により着地を大幅に早めることが出来ます。

ホムラの空中移動は遅い部類に入ります。

攻撃性能:★★☆ やや強い

ホムラ/ヒカリをセットで考えると攻撃性能は高いです。

ヒカリのスピードや掴み性能の優秀さから、ヒカリの攻撃を避けきるのは困難です。ダメージ稼ぎはそんなに苦労しないでしょう。
ヒカリの弱点である決定力についてはホムラがカバーしてくれます。

また、共通して剣をメインに戦うのでリーチや武器判定を押し付けることができ、技の打ち合いにも強いです。

防御性能:★★☆ 普通

防御面の強みとしてヒカリの因果律予測があります。
地上はもちろん空中の着地狩り展開からの脱出にも使えるので、非常に強力です。
コンボ耐性は高めです。

しかし、ホムラ・ヒカリともに復帰面が脆いです。
それほど判定が強いわけでもなく、どちらかと言うと復帰力の高いヒカリは、慣れないと復帰時に頭が崖上に出てしまいます。
そもそも、単純に復帰距離も短いのがツラいところです。

習得しておきたいテクニック・意識

コンボ

ヒカリ:色々つながる
ヒカリのコンボは下強→上強→上スマなど色々あり、とても種類が多いです。
現時点では開拓の途中でもあり、飛び抜けて強いコンボは見つかっていないので、好きなように攻撃を継続しましょう。
コンボに拘らず、相手を浮かせて着地狩り展開を維持するなどで攻めを継続するのも強いです。

ホムラ:空下→上スマ
ホムラは基本的にコンボより単発攻撃が得意なファイターですが、撃墜につながる有用なコンボもいくつかあります。
特に強いのが、地上の相手に空下メテオを決めてから上スマをつなげるコンボです。
空下は地面に近い高さで撃たないといけないので、練習しておきましょう。

ホムラ:横B→踏みつけ (上級者向け)
ホムラの横Bは相手を巻き込む飛び道具です。
その際、相手を踏みつけながら地面に戻ることで、ダウン状態の相手にスマッシュ等をぶち当てることが出来ます。
やり方は踏みつけ(相手のちょい上ぐらいでジャンプ)→すぐさま移動回避で地面に…とすることで可能です。

決まればカッコいいですが、難易度はかなり高いですし、踏みつけは受け身も可能なのでVIPを目指すレベルであれば練習は不要かと思われます。

テクニック

・崖つかまりしない上B
 ホムラ・ヒカリともに上Bが攻撃に使えます。
 崖下から復帰する際、通常は崖を掴んでしまう場合でも下入力をしておくことで崖つかまりせずに崖上の相手に攻撃できるので、出来るようにしておきましょう。
 (ただし、下入力しっぱなしだと、崖つかまりせずに落下してしまうので地上に上がらない場合は途中で下入力を解除しましょう。)

意識

これは個人的な考えですが、相手が高%になってもヒカリのままが良いと思います。
というのも、いざホムラにチェンジしても相手が防御モードに入ってしまい、撃墜が難しいです。

なので、ヒカリの状態で相手の体勢を崩して、着地狩り展開や崖狩りなどの有利な状況を作ってからホムラにチェンジするのがおすすめです。

チェンジはスピーディなので相手の意表をつくこともできます。

あとは剣士ファイターなのでリーチの押しつけを意識しましょう。
基本的に多くの技が根本でも先端でもダメージが変わらないので、先端意識でOKです。

各状況での立ち回り

攻撃面の立ち回り

序盤のダメージ稼ぎ:ヒカリでダメージを稼ぐ

序盤は自分へのダメージを抑えながら相手のダメージを稼いでいきたいので、機動力の高いヒカリをメインに動かしましょう。

空N(ヒカリ)
多段技で反撃がしにくいので、こすりやすい差し込み技です。

横B(ヒカリ)
こちらも狩りにくい突進系の攻撃です。必殺ワザらしく、ダメージ量は多いので強力です。
ただし、後隙が大きいのでガードをされると手痛い反撃を喰らいます。
相手の着地狩りをするときなど、ガードできないような状況を狙うとローリスクです。

横B(ホムラ)
ホムラの横Bは唯一のまともな飛び道具です。
少しの間、他の攻撃ができなくなりますが、判定も強く隙も小さいので、自分が高%の時など相手に近づきたくないときはブンブン振りましょう。

掴みからのコンボ
下投げ→空上→空上(ヒカリ)
・下投げ→上B (ホムラも可能)
ただし、ベクトル変更の影響は受けるので相手に応じて上手く対応しましょう。

中盤の早期撃墜:ホムラなら早期撃墜が可能

早期撃墜を狙うならホムラのパワーを使いたいです。
復帰阻止も強そうですが、斜め上方向に飛ばしてしまう技が多いのと、自身の復帰力が心許ないので撃墜にはあまり向いていないです。

横スマッシュ(ホムラ)
紹介ムービーでも紹介されていた強力なスマッシュです。前後の隙が大きい技ですが、ふっとばし力やリーチはピカイチです。
相手の着地際の暴れなど、わっちゃわっちゃしてるときに狙うと当たりやすいです。

NBで崖メテオ(ホムラ)
崖下から復帰する相手にNBを巻き込んで崖メテオを狙います。
仮に失敗して状況が逆転しても、ホムラは(ヒカリと比較して)復帰自体は狩られにくいので、距離さえ届くなら低リスクです。

上Bで崖メテオ(ヒカリ)
通常の復帰阻止は撃墜を狙いにくいですが、崖下からの復帰にはこれが強力です。
崖メテオを狙いやすく、受け身を取られてもダメージは稼げます。
単発の玉を発射するパニッシュメントレイを使いましょう。
(Bボタンを連打したり長押しすると分散するレインボーダストになってしまいます。)

終盤の撃墜:フィニッシュはホムラで!

撃墜はホムラに任せるのが良いです。
ヒカリでも崖際の横スマッシュなどで撃墜が出来なくは無いですが、全体的に決定力不足です。

上でも述べたように、ヒカリで体勢を崩してホムラで決めるのがオススメです。

上B(ホムラ)
ホムラの上Bは、アイクの上BとNBが混ざりあったような性能で火柱部分に当てれば撃墜が狙えます。
相手のDAをガードしてガーキャンで出しても良いですし、崖際にこの技を置いて上から復帰を潰すなどもできます。

NB(ホムラ)
持続が長く、チャージ可能な技のためタイミングをズラしやすいです。
着地狩りで相手の暴れを読んだり、復帰の際に頭が出る相手であれば崖の2F狩りにも使えます。

投げバースト:なし
ホムラ/ヒカリは剣士ファイターなので、投げは弱めに設定されています。

投げで撃墜は難しいのでダメージ稼ぎや崖外への追い出しに使って、その後で撃墜を狙いましょう。

着地狩り:剣のリーチとヒカリのスピードを押し付ける

ヒカリの着地狩り性能は高いです。
剣のリーチとヒカリのスピードを押し付けることで、お手玉も可能です。

横方向に遠く、空上が間に合わないときはヒカリの横Bで差し込むのも有効です。

崖狩り:崖狩りはホムラが強い

崖狩りはホムラが強いです。
NBで相手の甘い崖上がりを狩ることが出来ますし、撃墜も狙えます。

上Bも斬り上げでも振り下ろしでもジャンプ上がりに当たりやすく、こちらも撃墜力が高いです。

防御面の立ち回り

ガードからの反撃:ガーキャン上Bがオススメ

上B(ホムラ/ヒカリ)
ホムラ・ヒカリともにガーキャン上Bが使いやすいです。

ホムラの上Bはベク変により、繋がらなくなる恐れがありますが、こちらも多少前後に動かせるので相手の癖を掴みましょう。

ヒカリの上Bは、とあるタイミングに必殺ワザボタンを押し直すか、ボタン長押しで分散攻撃にできます。
ガーキャンでは分散攻撃を相手に引っ掛けるほうが反撃を喰らいにくいです。

復帰:距離はヒカリの方が長い

ホムラ・ヒカリともに復帰距離はあまり長くありませんが、光のほうが横Bがあることや空中移動性能から復帰がしやすいです。
ホムラで飛ばされた場合もヒカリにチェンジしてから復帰するのもありです。
(チェンジの際、急降下を入れないように注意!)

横B(ヒカリ)
ヒカリの横Bは狩りにくい攻撃なので、妨害されにくいです。
ただし、発動時より若干下がった位置で発動し、崖つかまりの範囲も広くないので、真横から使ったつもりでも崖をつかめないことがあります。
練習しておきましょう。

横B(ホムラ)
ホムラの横Bは復帰技ではありません。また、発動中は上Bも使えなくなってしまうので、ジャンプと移動回避で帰ってこれる場合に使いましょう。
判定が強いので相手の復帰阻止を阻止しながら安全に帰ってくることができます。

崖上がり:崖上の相手を追い返すことが可能

ホムラ・ヒカリともに剣を使って相手を追い返すことが出来ます。
選択肢は多めなので、崖離し行動は強い方です。

崖離しジャンプ空前 など(ホムラ/ヒカリ)
強い。ただし空中ジャンプを消費するので反撃のタイミングは注意。

崖離しジャンプ横B(ホムラ/ヒカリ)
ホムラの場合は遠距離攻撃で判定も強いので一方的に相手を追い返すことが出来ます。
上Bが使えなくなる点は注意。

ヒカリの場合は突進攻撃で崖付近の相手を追い払うことが出来ます。
相手のジャンプ等もゴリ押しで潰せますが、ガードや避けられたときの反撃のリスクはあります。

崖離し上B(ホムラ/ヒカリ)
ホムラの場合は撃墜も狙える強力な反撃です。ただし後隙は大きい。
崖を掴まないよう、下入力もわすれずに。

ヒカリの場合は崖上の相手を光弾で弾きます。こちらは分散するレインボーダストを根本で当てることが出来ます。
また、その後崖に戻っても良いです。
こちらも崖を掴まないよう、上昇中の下入力を推奨。

着地:着地狩りの拒否はヒカリがオススメ!

急降下の速さや因果律予測の存在から、着地はヒカリの方が安定します。
ホムラで高く飛ばされたときはヒカリにチェンジしてから着地するのも良いでしょう。






各種 技の解説は次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました